禁煙外来

クリニックで行う禁煙治療

 

禁煙は強い意志さえあれば止められる、と思いがちですが、実際は簡単ではありません。
タバコの中にはよく知られるニコチンという成分があります。ニコチンは依存性が非常に高いのです。自力でやめられないからと言って、意志が弱いと言うことではありません。

「やめたくてもやめられない」という依存症は意思だけでコントロールすることは困難です。 しっかり依存症と捉え、効治療することが大切です。お気軽にご相談ください。

ニコチン依存を和らげ、禁煙を助ける禁煙補助剤が現在3種類あります。

1) ニコチンガム
2) ニコチンパッチ 貼り薬
3) バレニクリン(チャンピックス)内服薬

このうちニコチンガムと低容量のニコチンパッチは薬局で購入できます。
医療機関で行う禁煙治療は、高容量のニコチンパッチか、チャンピックス内服薬のいずれかを使用します。以前はニコチンパッチが主流でしたが、チャンピックス内服薬が新しく登場してからは、禁煙成功率の高さの比較において現在はチャンピックスが主流となっています。当院でも基本的にはチャンピックスをお勧めしております。

PIC-20141207094908
保険適用の禁煙治療を受けるには?

 

2006年度より禁煙治療に対する保険医療が開始されました。
禁煙治療の保険適応の対象は以下の条件を満たす方です。

▶*スクリーニングテストと呼ばれるチェックテストの結果が5点以上(*スクリーニングテストは初回来院時に実施します)

▶35歳以上の方については、「1日の平均喫煙本数」×「これまでの喫煙年数」が200以上(35歳未満の方はこの条件を満たさなくても大丈夫です)

▶1ヵ月以内に禁煙したいと思っている

▶禁煙治療を受けることに文書で同意している

 

*過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。

禁煙治療のスケジュール

以下はチャンピックスを使用する場合のスケジュールです。

基本的には、12週間(3か月)の内で計5回受診します。

まず、初回受診時に医師と本人が話し合って禁煙開始日を決定します。この禁煙開始日から、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計4回受診します。

2回目以降の通院時には、呼気一酸化炭素濃度の測定を行い、お薬を処方します。また、禁煙状況と服用上の問題点をお聞きし、適切なアドバイスをおこないます。

通院は継続することが成功につながります。

visit-times-img
禁煙外来の費用

禁煙治療の費用

【チャンピックスを利用する場合】

診察5回分+お薬代 すべて含めて 20,000円(保険適用:3割負担の場合)程度です。

*ニコチンパッチ希望の場合は13,000円ほどです

禁煙治療ご希望の方へ

 

禁煙外来:月曜日・水曜日の午前(9:00~12:30)

来院前にお電話でご連絡いただけるとスムーズです。不明なことなどがございましたらお気軽にご相談ください。